女の子だけじゃない!ダウンコートでのコーデをメンズにも取り入れてみよう!

トレンドに敏感な女の子たちのあいだでブームとなっている「ダウンコート」。実は、こっそりとオシャレな男の子のあいだでも、ブームになっていることをご存知ですか。

ダウンコートとは、ダウンジャケットの丈をコートのように長くした防寒具のことであり、中綿にフェザーや羽毛がたっぷり詰まっているため、軽やかな着心地と、抜群の保温性を兼ね備えています。

ただ、ダウンコートは、メンズやレディース問わず、むくむくとボリューミーな見た目をしているため、スマートに着こなすのが難しいアイテムですので、ダウンコートを着たくても、着られない男の子もたくさんいます。

そこで、今回はダウンコートコーデをメンズファッションにうまく取り入れるコツをご紹介します。


スポンサードリンク

ダウンコードを使ったスタイリッシュなメンズコーデ術!

メンズのダウンコートは、ビジネスシーンでも活用できるようにシンプルなデザインとなっています。そのため、プライベートでダウンコートをオシャレに着こなすためには、ダウンコートの種類やカラーなどによって、インナーや小物類を合わせることがポイントとなります。

ノーマルダウンコート

ノーマルダウンとは、真冬のコーデに簡単に取り入れることができる一般的なダウンアイテムのことです。カラーバリエーションが豊富で、デザイン性も高く、プライベートシーンでダウンコーデを楽しみたい男の子にオススメです。

ノーマルダウンコートの魅力は、ビジネスからプライベートシーンまで幅広く使えるところです。ロング丈のダウンコートの場合、少しコーデの幅が狭まってしまいますが、ノーマルダウンコートなら、シンプルなモノトーンカラーのダウンを1着もっているだけで、どんなシーンにも対応することができます。

[着こなしポイント]
ノーマルダウンコートは、カジュアル感が強めなアイテムであり、若者から年配者まで、幅広い世代の男性から親しまれている真冬の定番アイテムです。

カラーバリエーションとデザイン性がとっても豊かなので、インナーや小物類、コーデのテーマなどに合わせて、オシャレに着こなすのがポイントです。

ロング丈ダウンコート

ロング丈ダウンコートとは、抜群の保温性と防寒性を兼ね揃えた防寒具です。ノーマルダウンコートと比べると着こなすがちょっぴり難しく、オシャレ上級者向けのアイテムとなっていますが、このコートを着こなすことができれば、普段とはひと味もふた味も違った雰囲気を演出することができます。

ロング丈ダウンコートの魅力は、スタイリッシュな大人のメンズコーデに、ダウンを羽織ることで、ほどよいカジュアル感を出しつつ、落ち着いた大人の男性を演出することができることです。

シンプルなデザインが多いので、ビジネスからプライベートシーンまで、幅広く活用できるところも魅力です。オシャレなメンズたちは、ノーマルダウンコートよりも、ロング丈ダウンコートを好んで着ています。

[着こなしポイント]
ロング丈ダウンコートは、ビジネスシーンでも使えるようにグレーやブラックなどの落ち着いた色合いのものが多いため、20代から50代の男性を中心に人気があります。

ですが、年々、オシャレやトレンドに敏感な男の子が増えており、ダウンコートを展開しているブランドから、コート感のないスマートなタイプやおしりまでスッポリ被るタイプ、カラーバリエーションの追加など、さまざまなタイプのロング丈ダウンコートが登場しており、インナーや小物類、コーデのテーマなどに合わせて、コートを選べるようになったことで、これまで以上にオシャレの幅が広がりました。


スポンサードリンク

ダウンコートに似合うインナーの選び方

ダウンコートを着ると、『どうせ、脱がないのだから』といって、ついインナー選びを疎かにしてしまう男の子も多いのではありませんか。

それでは、真のオシャレ男子とは言えません。見えないところにまで気をつかうことが、ダウンコートをオシャレに着こなすポイントですので、『見えないから』といって、手を抜かないようにしましょう。

ダウンコートに似合うインナーの選び方は、ダウンコートのカラーやデザインに合わせてインナーを選ぶことです。

例えば、ボリューミーなダウンコートには、薄手のインナーを2、3枚重ねて着ぶくれを防いだり、明るめのダウンコートには、ダークトーンの落ち着いたインナーをチョイスするのが、ダウンコートをオシャレに着こなすコツです。

まとめ

ダウンコートは、オシャレ上級者向けのアイテムですので、オシャレ初心者さんが着こなすのは、とても難しいアイテムです。

ですが、ブラックやネイビーなどの落ち着いた色味のダウンコートを選ぶことで、オシャレ初心者さんでも、オシャレにダウンコートコーデを楽しむことができるようになります。是非、今年の冬は、ダウンコートでオシャレをめいっぱい楽しんでみませんか。



スポンサードリンク