テーラードとスーツってどんな違いがあるの?

いま、トレンドに敏感でファッショナブルな男性を中心に「テーラード」という言葉が注目を集めていることをご存知ですか。テーラードとは、洋服の仕立て屋さん「tailor」という言葉が由来のファッション用語であり、素材・型・仕立て方などがガッチリと硬く、1人ひとりに合わせてしっかりと仕立てられています。

ジャケットとパンツの組み合わせで仕立てられることが多かったため、これまでは紳士服の仕立て屋さんをあらわす言葉として用いられていたのですが、近年では女性の社会進出などによって、紳士服だけではなく、マニッシュなデザインのレディースタイプのスーツも続々と登場しています。

さて、そんなテーラードですが、日本では見た目がスーツに似ていることから、フォーマルな会場へ行くときに、スーツではなく、テーラードを着てゆく男性も増えています。

けれど、なかには、『いくらテーラードがスーツに似ているからといっても、さすがにフォーマルな会場にテーラードを着てゆくのはマナー違反なのではないか』と心配に思っている男性も少なくありません。そこで、今回はテーラードとスーツの違いについてご説明します。


スポンサードリンク

テーラードとスーツの違いとは?

テーラードとスーツ、どちらがフォーマルな場に相応しいのかと気になっている男性も多く、なかには、『スーツの代わりにテーラードを着て、仕事へ行けるのではないか』『休日にスーツのジャケットをカジュアルに着こなしたら女子ウケするのではないか』と考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

実は、テーラードとスーツには、ハッキリとした違いがありません。その理由は、テーラードもスーツも、元々は同じ部類の紳士服だからです。

そもそも、海外では「テーラード」と「スーツ」を区別しておらず、イギリスなどの欧米諸国では、フォーマルな場に着てゆく紳士服のことを、総じて「テーラード」と呼んでいます。むしろ、テーラードとスーツを別物として扱っているのは、日本のみであり、世界では「テーラード=スーツ」が一般的となっています。

では、なぜ日本人は「テーラード」と「スーツ」を別物としたのでしょうか。テーラードもスーツも、基本的には上下セットで着用する紳士服なのですが、テーラードのほうが、素材やデザイン、カラーバリエーションが豊富であり、スーツとは違い、上下セットで着なくても、オシャレに着こなすことができるため、日本ではこの2つを別物として扱っているのです。

テーラードとスーツの違いについて、ハッキリと区別する定義は、いまのところ存在しませんが、「テーラードは上下セットで着なくても良いもの、スーツは上下セットで着たほうが良いもの」と覚えておくと良いかもしれませんね。


スポンサードリンク

テーラードのメリットとデメリット

テーラードをうまく着こなすことができれば、

・オシャレの幅を広げることができる
・女の子に清潔感を与えることができる
・品の良いシルエットで男らしさを演出

などのメリットが得られます。

しかし、テーラードはスーツとは違い、素材やデザイン、仕立て方、カラーバリエーションなどが豊富なので、合わせ方を間違えてしまうと、残念なコーデになってしまうことも。

そのため、テーラードジャケットは、

・インナーとボトム選びを慎重に行う
・合わせる小物類にも気を配る
・ドレスとカジュアルのバランスをしっかりと取る

必要があり、これらに注意しないと、どんなにカッコよく決めても残念なコーデになってしまいます。

まとめ

テーラードとスーツの違いについてご説明させて頂きましたが、いかがでしたか。テーラードもスーツも同じ部類の紳士服なのだから、スーツのジャケットをプライベートでも着て良いのかというと、そうではありません。テーラードもスーツも、オシャレに着こなすためには、それぞれの特徴をしっかりと知っておくことで、どのように着こなしたらよいのか、どうしたらオシャレ度がアップするのかが分かります。

これからテーラードコーデを楽しみたい男性は、是非この機会に2つの特徴を覚えて、オシャレをめいっぱい楽しみましょう。



スポンサードリンク