ジャージ素材のジャケットがメンズに!

みなさんはジャージ素材の服を着たことはあるでしょうか?どのようなものなのか詳しく知らないと言う方でも、実はジャージ素材の服自体は着たことある方もいるかもしれませんね。

そんなジャージ素材のジャケットが、どのようなものなのか気になりませんか?ファッション好きな方であれば、ぜひとも知っておいてほしいアイテム。そこでこれからジャージ素材のジャケットについて、詳しくご紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

ジャージ素材の特徴

そもそもジャージ素材とはどのようなものなのでしょうか?名前だけだと具体的な特徴についてはわかりづらいかと思います。

そこで、ジャージ素材にはどんな特徴があるのか、メリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

・伸縮性が高いため動きやすい
・肌触りが良いので着心地が良い
・体にフィットするからスタイルが良く見える
・シワになりにくい
・生地の質感が非常に滑らかになっている

デメリット

・毛玉ができやすい
・洗濯で縮んだり伸びたりする

ジャージ素材はポリエステル繊維でできているため、ポリエステルのデメリットと共通しているところがあります。

でも、基本的にメリットの方が多いのがジャージ素材。これからジャケットを購入しようか悩んでいる方は、この機会にジャージ素材のジャケットを購入してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

ジャージ素材のジャケット

ジャージ素材の特徴についてはご理解いただけたかと思います。ジャケットというと少し動きづらいイメージがあるかと思いますが、ジャージ素材のジャケットはその伸縮性から動きやすいので、遊び着としても活用することができます。

また、見た目もフラットなものも多いので、会社に来ていく仕事着としても活躍するでしょう。通年で着られるのもジャージ素材のジャケットの魅力の一つです。

ジャージ素材のジャケットの選び方

せっかくジャージ素材のジャケットを着用するのであれば、良い物を選びたいですよね。そこでジャケットの選び方についてこれからご紹介していきたいと思います。

ジャージ素材は吸水性・撥水性の良い物を選ぶと良いです。吸水性・撥水性の良い物であれば雨の日でも活動しやすくなり、汗をかくようなことをしても問題無くなります。

また、ダボっとした大きめのものではなく、体にフィットするものを選ぶと良いでしょう。ジャージ素材は伸縮性が良いので、自分の体に合ったものを選ぶことで清潔な印象を与えることが出来ます。

ジャージ素材のジャケットの手入れ

ジャケットを長く使うためにも、手入れはしっかり行うようにしましょう。とは言ってもジャージ素材のジャケットの手入れは大変なものではありません。

ポリエステル素材でできているジャージ素材のジャケットは、絵表示にしたがって洗濯機で洗ってもOKです。そのため洗濯面ではそれほど気にするものは無いでしょう。

でも、ジャージ素材には毛玉ができやすいデメリットがあると先ほどご紹介しましたよね。そこで毛玉が発生するのを防ぐためにも、静電気防止柔軟剤や静電気防止スプレーを必ず使うようにしてください。これを怠ってしまうとジャケットの劣化が早まってしまうので気をつけましょう。

まとめ

ジャージ素材のジャケットにはジャージ素材特有のメリット・デメリットがあります。そのメリットである伸縮性から体のラインを綺麗に見せることができるので、清潔感を演出することができるでしょう。

そのためにもジャージ選びはしっかり行い、自分の体にぴったりのものを選ぶ必要があります。ジャケットを購入したら長持ちさせるためにも、正しい手入れを怠らないようにしましょうね。



スポンサードリンク