ブーツを履いた時にズボンの裾はどうする!?[メンズ編]

いまでは、メンズファッションの定番アイテムとして、幅広い世代の男性から注目を集めている「ブーツ」。けれど、男の子がブーツをオシャレに履きこなすためには、ズボンの裾に気を付けないと、女子ウケの悪いダサコーデになってしまいます。

そこで、今回は秋冬のメンズファッションをカッコよく決めたいメンズたちのために、ブーツを履いた時にズボンの裾をどうしたら良いのかをご紹介します。


スポンサードリンク

ブーツの長さとズボンの長さ

レディースブーツと同じく、メンズブーツにも様々な種類のブーツがあり、それぞれ「シャフト」と呼ばれる胴筒部分の長さが違うため、ズボンの裾が被ってしまうことがあります。

ただ、ズボンの裾をブーツの中に入れる「ブーツインコーデ」は、

・不自然でワザとらしいカッコつけた感が出てしまう
・脚が短くみえてしまう
・全身のスタイルが悪くなる

など、さまざまなデメリットがあるため、オシャレに目覚めたばかりのメンズたちには、あまりオススメできません。

まずは、ブーツスタイルに慣れるために、シャフトの短いブーツコーデからチャレンジし、慣れてきたなと思ったら、シャフトの長いブーツでオシャレの幅を広げていくと、ブーツコーデをカッコよく決めることができるようになります。


スポンサードリンク

ズボン×ブーツでもオシャレしたい!

オシャレに目覚めたばかりのメンズにとって、秋冬コーデの定番「ズボン×ブーツ」は憧れですよね。

けれど、シャフトの長いブーツの中にズボンの裾を入れたブーツインスタイルは、女子ウケが悪いですし、シャフトの短いブーツは、ズボンの裾が引っ掛かってしまい、カッコよく着こなすことができないとお悩みのメンズも多いのではありませんか。

実は、ブーツインスタイルは、バイカーファッションとの相性が抜群なので、ライダースジャケットやレザーブルゾン、デニムパンツなどを組み合わせた「無骨系コーデ」と、よく合います。

『今年こそ、ブーツインスタイルでカッコよく決めたい!』とお考えのメンズは、バイカーファッションを取り入れた無骨系コーデにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

キレイめメンズコーデにチャレンジしてみたいとお考えであるならば、細身のパンツの裾をロールアップして、細身のブーツと組み合わせるのがオススメです。ズボンの裾をロールアップすることで、足首まわりをキレイにみせることができるだけではなく、脚長効果も得られ、コーディネートもまとまりやすくなります。

また、同系色のズボンとブーツをチョイスすることで、ズボンとブーツの境界線が分からなくなり、より効果的に脚長効果を得ることができます。

まとめ

いかがでしたか。これまで、1度もブーツを取り入れた秋冬コーデにチャレンジしたことの無いメンズもたくさんいると思います。

よく『ブーツコーデは、オシャレ上級者の特権だ』という男の子も多いですが、ブーツコーデは、コツさえ掴めば、オシャレ初心者のメンズたちも、カッコよく着こなすことができます。ぜひ、今年の秋冬は、ブーツを取り入れたオシャレに挑戦してみませんか。



スポンサードリンク