デニムショートパンツはメンズでも着こなしたい!

暑い夏は、足元をスッキリと見せてくれる涼やかなデニムショートパンツを穿きたくなるメンズも多いのではないでしょうか。

けれど、男の子がデニムショートパンツを穿きこなすのは、とっても難しく、間違った着こなし方をしてしまうと、カジュアル感の強い子どもっぽいイメージを与えてしまうため、どんなにオシャレに精通しているファッショナブルなメンズたちであっても、なかなかうまく着こなすことはできません。

そこで、今回はカジュアル感を抑えてキレイめコーデを意識したデニムショートパンツの着こなし術をご紹介します。


スポンサードリンク

デニムショートパンツもいろんな種類がある!

デニムショートパンツには、

・ホットパンツ
・半ズボン
・ショートパンツ
・クォーターパンツ
・ハーフパンツ
・カプリパンツ (クロップドパンツ、スリークォーターパンツとも)

など、さまざまな種類があります。

カジュアル感を抑えたキレイめメンズコーデを目指すならば、ひざに少しかかるくらいの丈感がベスト!

ひざよりも上の位置にズボンの丈があるとひざが丸見えになり、子どもっぽさが強調されてしまいますし、逆にズボンの丈が長すぎてしまうと野暮ったくなってしまうため、スタイリッシュな着こなしができなくなってしまいます。

また、ショートパンツに大きなポケットや派手な装飾デザインが施されていると、一気に子どもっぽさを強めてしまうため、シンプルなデザインのデニムショートパンツを選ぶのがポイントです。


スポンサードリンク

デニムショートパンツのナチュラルな着こなし

デニムショートパンツの魅力は、色やデザインに合わせて幅広いコーデに着まわしができてしまうところです。

例えば、ダメージ加工が施されたデニムショートパンツに、薄い黄色のロゴTシャツ、黒のスニーカーとニット帽を組み合わせれば、古着テイストのファッションになり、無地の白Tシャツとサンダルと組み合わせれば、抜け感のある爽やかなビーチスタイルとなります。

濃い色のデニムショートパンツに無地の白Tシャツとパーカー、スニーカーを組み合わせれば、リゾートシーンにピッタリな、オトナのオフスタイルを演出することができます。

もっとナチュラルな着こなしをしたいときは、オールブラックのスニーカーやダークネイビーのシンプルなTシャツなど、コーデに引き締まる色を取り入れて、デニムショートパンツの着こなしをキュッと引き締めれば、シックなオトナの雰囲気を漂わせることができます。

まとめ

デニムショートパンツをメンズファッションに取り入れるときは、
・ひざに少しかかるくらいの丈感
・シンプルなデザイン
・デニムの濃淡や加工に合わせてコーデを考える

この3つがポイントとなります。

暑い夏は、涼しさを感じさせてくれるデニムショートパンツをコーデに取り入れて、ワンランク上のオシャレを楽しんでみませんか。



スポンサードリンク