ベロア生地の靴のお手入れをするには

何度履くか分からない。でも、買ってしまう靴ってありますよね。そんな靴の中の一つが「ベロア生地」。その光沢と高級感に惹かれて、ついつい買ってしまう気持ち、わかります。

見た目からして雨や泥には弱そうだから晴れた日の街中限定で履いているって感じですよね。しかし、急な雨が多い昨今。油断は禁物。ベロア生地の靴を購入しているのであればそのお手入れ方法については知っておきましょう。

そしてせっかくそうしてお手入れ方法を学んだのならば、その靴の本懐をとげさせてあげましょう。つまり、雨風に弱そうなベロア生地の靴であってもおしゃれにヘビーローテーションさせる一足にするのです。ベロア生地の靴がヘビロテの一足になるお手入れ方法をご紹介したいと思います。


スポンサードリンク

ベロア生地の靴のお手入れ方法

まず、ベロア生地の靴を購入したら、おろす前に「防水スプレー」をするようにして下さい。これはベロア生地に限った事ではなく、皮の靴やコートなど、水に弱い製品を初めて使用する前にやっておくといいのですよ。また、お手入れの最後も「防水スプレー」です。防水スプレーという過程をどうぞお忘れなく。

さて、防水スプレーで保護していても雨やホコリなどで汚れてしまった時はお手入れしましょう。雨でぬれてしまった場合は、まず、乾燥させます。形が崩れないように丸めた新聞紙を入れては抜き、入れては抜きしながら徐々に乾かします。

これはかなり根気のいる作業なので、あまり濡らした状態が長引きそうなら、一気にドライヤーを使って乾かすのもおすすめです。ただし熱風ではなく、冷風を使うようにして下さいね。乾かしすぎると固まってボロボロになってしまうので乾燥させすぎにも注意です。

さて、十分に乾いたら次は表面のお手入れです。ベロアやスエード生地専用のブラシで、毛流れと逆さからブラッシングをかけて毛を逆立たせて、つまった汚れを掻き出します。歯の裏側を磨く時に掻き出すような動きをしますよね。あんな感じです。

そうして汚れを掻き出したら毛並みにそってブラッシングをしてお手入れ終了です。最後に防水スプレーをお忘れなく。


スポンサードリンク

靴に合うコーデ

ベロア生地を全部にあしらった靴の場合、それはとても存在感がありますね。特に紐靴だとその一品だけで華やかです。その為、重厚感のあるベロア生地の靴の場合のパンツやスカートは軽やかな感じにします。せっかくの靴を目立たせる為に足首からひざ下は多めに見せるといいでしょう。

トップスはベロア生地に近い重い素材を選び、色を合わせて下さい。トップスに重厚感が無ければブレスレッドやカバンで調整して下さいね。

ベロア生地が一部分にあしらわれているサンダルやパンプス(先端がエナメルなど)の場合は、あまりベロア生地を意識する必要は無いでしょう。おそらく深みのある色あいに仕上がっているものが多いかと思いますので、トップスは色でコーディネートするといいですね。

また、足首からひざ下を出す感じはベロア生地が一部分のものであっても同じ感じが良いでしょう。ベロア生地は存在感があります。

まとめ

生地のバランスによって、冬ばかりでなく夏にも使用できるベロア素材の靴は、素敵女子のアイテムの一つです。その為、普段履きをする事が多くなり、汚れる率も高くなりがち。

スエードやベロア素材など起毛タイプの素材の靴はとにかく「ブラッシング」です。毛と毛の間に汚れが溜まると色が褪せたり、色が変わってしまったりしてせっかくの素材感が台無しになってしまいます。また、クリームでのお手入れは専用のクリームが必要です。ちょっと値もはります。

ベロア素材のお手入れは「履いたらブラッシング」「よごれはさささっと丁寧にぬぐいとる」「防水スプレー」この3点でやってみて下さいね。



スポンサードリンク