ライダースのジャケットにはレディースの安いものもある!?

アーミー、ネイチャー、登山、スポーツと言ったアクテイブファッションを一通り揃えて着こなしてみた事のある女子は、そろそろ次のファッションに興味が湧いてきている頃ではないでしょうか。そして原宿系にも渋谷系にも「ライダース」がある事をご存知でしたでしょうか。

ライダースと言えばバイク乗りの服装で、何だか60年代を彷彿をするし、今更新しい感じも無さそうな感じを持たれている方も多いかとは思います。ライダースと言えば身体の線が出るからと嫌煙してしまう女子も多いかもしれません。

しかし、昨今の技術の進歩により、ライダースに限らず従来の皮製品はぐっと着やすくなっているんです。ライダースの特徴であるボディにフィットしたデザインが伸縮性のある革製品の開発によって、様々なスタイルの方でも着られるようになっているんですね。

ご自身のラインナップに無かった「ライダース」に手をかけるのはためらわれるかもしれませんが、今からご紹介する「ライダース」をご覧頂き、ちょっと手を出してみようかなと思って頂けたら嬉しいです。


スポンサードリンク

ライダースの相場

ライダースを着てみたいと思ったらまず、ライダースジャケットから始めてみましょう。ライダースの基本は「革」なので、本物は目を見張るくらい高いのですが、安価な「フェイクレザー」を使用しているものだと4000~5000円から手に入りますよ。

リアルレザーだと安い物でも40,000~50,000円と0が1つ増え、高いものだと桁違いに高くなります。ライダースにはオーダーメイドも浸透していますから、そのお値段は計り知れないですね。

また、ロッカーが着ているような革のジャケットもライダース仕様ですね。その為、尖った装飾品によっても値段が上がってきます。安価な物を求めるのであれば、よりシンプルでデザイン性があるものを選ぶといいですね。

ライダースは一昔前ならマリリンモンローなども愛して着用していたファッションの一つ。今でもファッションショーのランウェイで毎度登場するファッションの一つです。時代を問わず長年廃れる事なく愛されるファッションが他にあるでしょうか。

どんなファッションでも流行り廃りがありますが、ライダースは上質さとフィット感を追及すればするほどファッション性が高まり(お値段も上がり)、世界のセレブからも愛されるファッションなのです。


スポンサードリンク

レディースの着こなし

リアルレザーを使ってオーダーメイドまでしなくても、量産されているラインナップの中にも十分おしゃれなライダースはたくさんありますのでご安心下さい。

よりライダース感を出したいのであれば首元が閉まるタイプのものがおすすめです。首の部分の閉まりが無い合わせのシングルのものであれば、よりフィット感を求めるとライダース感が出ますね。

ライダースのコンセプトはフィット感です。よりご自身の体形にフィットするものを選んで下さいね。身ごろ、身丈に自信が無い方は、着るのではなく「羽織る」といいですね。ライダースは丈夫に出来ているのが特徴なので、肩の部分にかけておくだけでも雰囲気が出ます。

ライダースはフィットさせて着ますから、インナーはシンプルなものがいいですね。ワンピースにライダースジャケットを羽織るのも銀幕の女優のようでいいですね。

まとめ

ライダースと耳で聞くと男っぽくて、細身で、ロックぽいイメージがあるかもしれませんが、そんな男性の横にいる女性が同じような「ライダース」を着るとイメージしてみて下さい。男性っぽさの中に女性っぽさが見え隠れしませんか。

ライダースは本物は一生もの。本物の男性の横でリアルな恋をしている女性が、男性の様に羽織るものと想像してみて下さい。かならずしも男の物ではない事が分かるでしょう。そして逆にとても女性っぽいものだということも!



スポンサードリンク