レインコートをおしゃれに着こなして自転車に乗ろう!

自転車に乗る時、片手に傘はとっても危険ですね。この度の道交法(道路交通法)改定に伴い、自転車の様々な運転行為が法に抵触するようになりました。例えば飲酒や、信号無視、一方通行の逆走など、改定に伴い厳しく処罰されます。

その中でも片手運転は「危険運転」とみなされ、処罰の対象となる可能性もあります。また、傘を片手にさしながらの運転はバランスも悪いし、見通しも悪いので、そもそも厳重な処罰の対象でなかったとしても気を付けたい運転方法ですよね。

そこでおすすめなのが「レインコート」。最近では「レインウエア」とも呼ばれ、コートから衣服に格上(?)されています。つまり、「羽織るもの」ではなく「着るもの」という意識に皆が変わってきているということなんですね。

オシャレなレインコートを見つけて、安全に、美しく、雨の日に自転車をこぎませんか。オススめのレインコートをご紹介させて頂きたいと思います。


スポンサードリンク

おしゃれなレインコート

レインコートそのものが昨今、とてもオシャレになっています。検索サイトで「おしゃれ レインコート」と入れて検索してみて下さい。まず感じるのはその多彩な色ではないでしょうか。

地味なイメージがあるので工夫をるかもしれませんが、ちょっと検索してみて頂くと、全くそんな様子では無い事を見て分かって頂けると思います。

色もさることながらデザインもポンチョタイプ、コートタイプ、スーツタイプ、スポーツタイプと様々。お子さんとお揃いのコーディネートもいいですね。


スポンサードリンク

自転車に乗るときにおススメのレインコート

自転車に乗る時にオススのレインコートをご紹介しますね。自転車に乗った後の目的地や行動によっておススメのレインコートが異なります。

自宅を出た後の目的地は職場のみ

とにかく雨がしのげて自転車を漕ぐことが困難で無いという事が重視されます。また、そのレインコートを着て、帰る事になる事を考えなければなりません。

職場でレインコートを乾かす事が出来ないのであれば、さらに撥水性に拘る必要があります。職場についてさっと一拭きして雨が拭える状態だとベストですね。

自宅を出た後、保育園など立ち寄り場所がある

つなぎは避けた方がいいでしょう。上記同様、目的地でささっとついた雨が拭える事がベストなのですが、つなぎだと足元から何から全て拭う必要があり大変になってしまいます。急いでいる時間帯にそれは避けたいですね。

ポンチョタイプで脱ぎ着が楽な物を選び、入り口でさっと脱ぐようにするのがおすすめです。父兄用のレインコートを掛ける所が用意されていない場合で登園時間が他の父兄と重なる方は、保育園までのレインコートと保育園から先のレインコートで分けて使うとストレスがありませんよ。不経済ですけどね。

自宅を出た後、駅近くの自転車置き場(屋根あり)に置いてから電車など

自転車置き場に置いた自転車にレインコートを被せて乾かしておくことが出来るのと、上下のつなぎでもゆっくりと脱ぐ時間がありますね。

自宅を出た後、駅近くの自転車置き場(屋根なし)に置いてから電車など

これはやっかいです。自転車置き場で脱ぐ時は雨の中、さっとやらなければなりません。そしてそれを畳んでしまわなければならないので、ポンチョタイプで折り畳みしやすいものがいいですね。

まとめ

傘をさしての自転車運転は本当に危険です。どうしても雨の中自転車に乗らなくてはならない事態が起こりえるのであれば、とにかく一枚は持っておきましょう。

撥水加工も防水加工も現代の技術によりとても進歩していて、安くても相応の撥水、防水効果があります。高いものでなければダメという事はないので、自転車に乗る方はレインコートは一枚常備しておくといいですね。



スポンサードリンク