傘スタンドを自転車につけるのは違法?

雨の日に傘を差して自転車を運転するのは危険行為とみなされ、罰則の対象である事が報道番組や新聞記事で目にするようになる事が多くなりましたね。道路交通法が見直され、片手運転や一方通行の逆走、飲酒運転などが厳しく処罰されるようになりました。

その背景にはスマホや携帯電話といった時代の便利グッズによる片手運転、アシストつき自転車の普及により自転車での移動距離が長くなり児童を乗せた自転車が多くなった事、昨今の自転車ブーム、健康ブームにより高速自転車が増えた事など、自転車の利用形態が大きく変化している事が起因しています。

そこに加えて雨の日が多くなった日本。梅雨、秋の長雨に限らず、台風やゲリラ豪雨と、一年を通して雨の日が多いなと感じますよね。便利な自転車が日々の足として活躍する中、雨だからと容易く他の移動手段に変更出来ないのが人というもの。その為に早起きしたり準備したりはなかなかできません。そうして雨の日についつい傘を差して自転車で出かけてしまう事もありますよね。

そんな時、傘が自転車についていて、両手で自転車を運転している人をみかけた事はありませんか?あのグッズは何なのでしょう。あんな便利なグッズがあるなら自転車の標準装備でもいいと思いませんか?ところが標準装備で無いには訳が・・・。雨の日の自転車走行についてその注意事項などを簡単にご説明したいと思います。


スポンサードリンク

傘スタンドと規則

街中で見かける「傘スタンド」。片手運転が違法なんだから両手運転になる為の「傘スタンド」は合法なのでは?と思われるかと思います。しかし、「傘スタンド」実は自治体によっては違法なんです。おそらく合法の自治体の方が少ないでしょう。

自転車走行に対する罰則は道路交通法によるものとなっています。車やバイクなどにそれぞれルールがあるように自転車にルールがあります。

その一つが「積載物」。後輪の上に荷物を載せられるような台がついていたり、前輪にカゴがついていたりしますが、ほぼほぼその長さを超えるものを積載してはいけないと考えて下さい。明らかにそれらよりも長い「傘」を「積載」するのはルール違反なんです。いわゆる「改造車」になってしまうわけです。

スタンド自体は30cmを超えない付属品ですから販売者側がつけた時点でも違法にはなりませんが、さらに傘をつけたら違法になってしまうという何ともトリッキーな仕組みで販売されているんですね。


スポンサードリンク

雨の日の自転車にオススメの雨具

そんな訳で、雨の日に傘を差しての運転は両手運転であろうと片手運転であろうと違法になってしまいますから、やっぱり「レインコート」がおすすめだ。という事になります。

レインコートを着てまで自転車に乗りたくないわ。という方は他の手段を取って頂いた方が良いと思いますし、どうしても自転車以外の選択肢が無い方はレインコートを持ちましょう

。最近のレインコートは一昔前の郵便配達員のような「theビニール感」ではなく、「レインウェア」なんてオシャレな名前がつくほどオシャレになっています。もちろん、上下にわかれている本格防水タイプもありますが、さっと羽織れる「ポンチョ」タイプなんかはレインコート初心者にはおすすめです。

まとめ

実は雨の日の傘さし運転による事故は、以前からとても多く指摘されているところでした。特に前が良く見えないという理由が多かったのですが、ビニール傘の普及で一旦フェードダウン。しかし、スマホや携帯などの片手運転が多くなり傘を差す片手運転が再びクローズup。

規制が入らなくても「危険」だという事には容易に気付きそうなものですが、何せ便利な自転車。「ヒヤリ」「はっ!」とした経験は少なからず皆さまおありではないでしょうか。

その時の事を後から振り返られるうちは幸せです。その幸せを維持する為にも雨の日の片手運転はしないようにして下さいね。



スポンサードリンク