家出をするときの最低限の持ち物リスト

「人生を変えたい」そのように、何かを決断したあなた。家を出ると、決断したあなたのために、“家出をするときの最低限の持ち物”をまとめました。

持っていこうとすれば、荷物はいくらでも増えていきます。あれもこれも、と荷造りするうち鞄はパンパンに。

できるだけ身軽に、手早く出発するために、最低限必要なものは何なのか、それが分かっているとスムーズに準備が行えます。

「家を出ると決めたはいいけど、何を持っていけば分からない!」そんな方、必見です!


スポンサードリンク

その家出は正しいのか

ひとつだけ、確認させてください。あなたが家出をしたい理由は、何でしょうか。

「遠くへ行きたい」
「ひとりになりたい」
「周囲から反対されていることを、押し通したい」
「生活を立て直したい」

……そのために、“家出”は必要なのでしょうか。

家出が本当に正しい選択肢なのか、一度考えてもいいかもしれません。また、いざ家出した後、生活をどのように立て直すのか、計画を立てておくと安心です。


スポンサードリンク

生きていくための持ち物リスト

お金

本当に必要なもの、まずはこれですよね。「お金がなくてもなんとかなる、とりあえず家にあるものたくさん持っていこう!」

家出する人の多くが、意外とそう考えがちなのですが、シンプルなはなし、家にあるもののほとんどは、このお金があれば購入できます。問題となる、寝床も確保することができるでしょう。

通帳、キャッシュカード

再就職するにあたって、給料の振込先が必要です。現金以外でお金を管理できるので、安心して過ごせるかと思います。肌身離さず、簡単には失くせないところにしまっておきましょう。

身分証明書

運転免許証、住民票や戸籍謄本は、再就職の際に提示する必要があります。あらかじめ市役所でもらっておきましょう。

また、家出中に「警察官から職務質問を受けた」というお話をよく聞きます。その際、自分の身分を証明できるものがなければ、最悪、家出生活は一旦ストップ。身内のお世話になる可能性も出てきてしまいます。

準備や計画をムダにしないためにもやましいことがないのであれば、いつでも提示できる状態でいましょう。

印鑑

身分証明書と同様、身分を証明する際や新たに契約を結ぶ際に必ず必要となります。

食料

日持ちしやすく、食べる際加工が不必要で、保存が簡単なものをセレクトしましょう。家出後の食費を抑えることができます。

乾パンや缶詰、カロリーメイトといった、小ぶりで栄養素の高い非常食であれば荷物も軽くなり、便利です。砂糖(氷砂糖)、塩、梅干し等、身体に必要な栄養素を効率よくとれるものもいいでしょう。

水は、出先で購入することもできますし、公園等の水道を利用できます。大きめのペットボトル(又は水筒)に水を入れ、それを持っていけばとりあえずの水分は確保できますし、空になれば、またそこへ水を補給できます。

衣類

夏と冬、両方に対応できる衣類を数着持っていきましょう。春、秋服は不要です。上下の服、インナー、靴下を各1着ずつ…では、足りません。

コインランドリーで洗濯中、裸で待つわけにもいきませんから……。雨が続けば、服が乾くまでに数日かかるかもしれません。

たしかに、洋服はかさばります。あまり大量に持ち歩きたくはありませんが、各2着は持っていくのが賢明です。かといって、あまり大量に持ち出すことはせずに、生活が安定してきたら、必要なものから買いそろえていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

以上が、家出に必要な最低限の持ち物です。皆さんにとって本当に必要なもの、お金では買えないものを持ち運べる程度 には、荷造りしましょう。



スポンサードリンク