グリーンカーテンをゴーヤで!?その種類とは?

猛暑、酷暑と最高気温がどんどん更新される昨今、クーラーなどの電化製品の稼働率も上がっていますね。CO2削減も叫ばれる中、注目されているのがグリーンカーテン。学校などの公共施設ではお馴染みになってきましたね。

葦簀(ヨシズ)で光を遮る方法もありますが、グリーンカーテンと大きな違があります。それは、ヨシズは乾燥している植物を使い、グリーンカーテンは生きている植物を使っているという点です。

地中から吸い上げた水分で青々とした葉を茂らせているグリーンカーテンはその葉の表面から水分を蒸発させ自らの温度調整をしています。つまり一定の温度を保ちながら生きているのです。

一方ヨシズはすでに乾燥している呼吸の無い植物の為、ヨシズ自体が熱を帯びてしまいます。エコという観点からはグリーンカーテンの方が座布団1枚も2枚も多い感じですね。

さて、そんなグリーンカーテンは公共施設だからやれるものでは無く、ご自宅でも手軽に始められますので今年は是非挑戦してみませんか?


スポンサードリンク

グリーンカーテンって何?

グリーンカーテンは地中につる性の植物を植え、その成長により窓がすっぽり覆われる様子の事を言います。窓上部から地面までツルを絡ませるネットを下げ、ツルをネットに下から絡ませながら成長させ、葉を茂らせていきます。窓上部までツルや葉が茂ると、まるで外に緑のカーテンをかけたようになります。

緑のカーテンの内側は葉やツルの間から通される優しい光が差し、大きな木の下にいるような感じになりますよ。また、窓から室内に差し込む光も遮られていますので室内の温度上昇を妨げる効果があります。

葉には温度調整機能があり、太陽光があたってもそれ自体の温度が上昇しにくい為、地球の温暖化防止にも一役買う事が出来るので、とてもエコなんです。


スポンサードリンク

ゴーヤの種類とグリーンカーテン

グリーンカーテンを始めよう!と挑戦する場合にいくつかのツル性の植物がありますが、中でも「ゴーヤ」がおすすめです。ゴーヤは沖縄の名産ですね。つまり高温の地でしっかり成長出来るという特性を持っているんですね。

猛暑や酷暑という植物にとっても過酷な条件で育てる植物は南国の植物が適しています。暑さもゴーヤにとっては栄養なんです。また、害虫がつきにくいのも育てやすい特徴ですね。肥料もさほど必要ありません。

ゴーヤでグリーンカーテンを作る時はその実を食べる事を楽しむか、実を食す事はしないかで種類を選びましょう。

実を召し上がらないのであれば「中長ゴーヤ」がいいですね。実があまりできず、葉が大きいのでグリーンカーテンに適しています。召し上がる事も目的とするのであれば苗の購入からワクワクしちゃいますね。

まとめ

グリーンカーテンによりエアコンの利用を控える事が出来ればco2削減に繋がり、もちろん電気代の削減にもなりお財布にも優しいと言えますね。また、緑が見た目にも優しく心理的な効果も高いと言えます。

室内の冷えた温度を高めない為に暑い日は窓を閉め切っているというお宅も多いと思いますが、グリーンカーテンがあると窓を開けたくなるというご家庭が多いようですよ。

葉から出る水蒸気で葉の周りの温度が下がる為、涼しい空気を室内に送りこむことが出来るからなんですね。環境省が2015年に発信したグリーンカーテンプロジェクトにより各自治体はこぞってグリーンカーテンを推進しています。

学校などでは植物の生長や観察、グリーンカーテンによる効果の検証など学習教材としても功を奏しているようですね。結果、冷却の効果があるという多くの実証が得られています。

是非、エコで手軽なグリーンカーテンを試してみて下さいね。



スポンサードリンク