レインパンプスでもヒールで足を綺麗に見せたい!

天気予報で明日の出勤日が雨!テンションが下がりますね。足元が濡れた状態で一日仕事をするのは気分が悪いし、スーツにはちょっと似合わないけど、とりあえず長靴を履いて、会社にストックしてある替えのパンプスに履きなおして仕事をするという方も多いでしょう。

ストックに合わせたスーツをチョイスしいざ出勤。しかし、連続の雨だったら?毎日同じスーツというわけにはいきませんね。また、仕事帰りに人と会うのに長靴というわけにもいかない事も。

そんな時、便利なのが「レインパンプス」です。

異常気象が叫ばれる中、雨や雪が多く、靴メーカー各社が様々なレインパンプスを売り出してくれているんですよ。

革製品ではない、エナメルを材料とした靴をレインパンプスのようにお使いの方もいらっしゃると思いますが、「レインパンプス」として売られているものはその防水能力が違います。

「レインパンプス」を持ち物に加えるか否か。そのメリットについてご紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

防水仕様のレインパンプス

防水仕様のレインパンプスはいくつかの仕様があります。

接地面からの高さを上げ、ヒールで調整し、地面からの雨の跳ね返りを防ぐ仕組みになっているもの。素材そのものが防水効果のあるものを使っているもの。ソール部分との接着面など雨が染み込みやすい所に防水シートや保護シートがほどこされているものなどです。

どのような作り方で防水を図っているかでその効果は異なってきます。

さらに雨の日は滑りやすいので滑り止め効果がソールに施されているものは優秀な品と言えるでしょう。お店や靴によっては「耐水時間」が表示されていますので、比較検討の際の目安にするといいですね。

また、気を付けなければならないのが「防水」と「耐水」の違いです。「防水」は水をはじきますが「耐水」は徐々に濡れてきてしまいます。

また、パンプスという形の都合上、地上から跳ね返って甲の部分に注がれた雨や泥水については防ぐ事が出来ないので、なるべく甲の部分が深くデザインされているものか甲の部分がしっかり合っているものを選ぶといいですね。


スポンサードリンク

ヒールで足を綺麗に

各社防水仕様のパンプスだからと言って、雨水を避ける事だけにその作りの全てを捧げているわけではなく、最近は雨の日に履いていてもそれが「レインパンプス」だとは気づかないくらい普通のオシャレなパンプスが多く出ています。

接地面からの高さがあるほど跳ね返り水の侵入を防ぐ事が出来るので、ソールを上げて、ヒールで高低差をつけ、足長効果を狙ったデザインのものや、ソフトな靴底と歩きやすさをコンセプトに作られたパンプスは歩きやすいので雨の日でも美しい歩き方を保つ事が出来ます。

甲深のパンプスはその作りが元々雨除けの効果がありますね。ヒール高に作られている商品が多く、パンツにもスカートにも合わせやすく、美脚パンプスの一つです。

ただし素材によっては耐水効果が期待できる程度なので、ご自身でお持ちの一品を雨の日ように履いてしまうとパンプスの寿命を縮めてしまいますのであまりおすすめではありません。

やはりレインパンプスを利用する方がいいですね。

まとめ

雨の日だからとオシャレを諦めてしまうわけにはいかないのが女子。これから大雪が来るぞ!というのにパンプスで出かけてしまうのは生命の危険が伴う可能性がありますからそれは「諦め」を選択する方をおすすめします。

しかし、仕事の後のウィンドウショッピングや、ちょっとした食事をして帰る事で心の栄養補給が出来るのに、朝雨だったからと長靴を履いてきてしまった為になんだか気後れしてそれらをしない事でマイナス効果になる長靴だったら履きたくないですよね。とはいえ濡れた足も嫌ですよね。

そんな女子が望む快適生活の役立ちアイテムが「レインパンプス」。

お手軽価格から本格価格の商品まで種々様々なレインパンプスがありますが、ご自身にあったデザインで選んでみて下さいね。



スポンサードリンク