エレキギター初心者でも大丈夫!?その選び方とは

エレキギターってとてもかっこいいですよね。弾けるようになるのを憧れて高校生くらいから始めた人が多いのではないでしょうか。これから始めようと考えている人もいらっしゃるでしょう。しかし、エレキギターって初心者だとどれを選んでいいのかわからないんですよね。

どのエレキギターが良くて、逆にどれがあまり良くないのかわからないから、見た目や値段くらいしか判断材料がありません。

高価なものですからなんとなくエレキギターを買ってあとから後悔したくはないですよね。そこでこれからエレキギター初心者のために、エレキギターの種類や選び方などをご紹介させていただきたいと思います。


スポンサードリンク

ギターの種類と選び方

エレキギターには様々な種類があります。今回はメジャーなタイプを3種類ご紹介するので、エレキギターを選ぶときの参考にしてみてください。

ソリッドギター

恐らくエレキギターと聞いて真っ先に思い浮かぶのがこのソリッドギターではないでしょうか。購入したいと考えるのもこのタイプのギターが多いでしょう。

それもそのはずでソリッドギターの構造をしているエレキギターが非常に多いからです。ソリッドギターの特徴としては、ボディーが木材の単板か合板で出来ていて、中に空洞が無いです。

そのため特に何かこだわりがあるわけでなければこの種類のエレキギターを購入するのが良いのではないでしょうか。

フルアコースティック・ギター

このフルアコースティック・ギターというギターはちょっとまぎらわしい名前をしていますが、れっきとしたエレキギターの一種です。

名前の通りアコースティックギターに似ている構造をしています。ギターの内部がほとんど空洞となっており、まるでアコースティックギターにエレキ弦を張ったような見た目をしています。

そしてフルアコースティック・ギターは和音や倍音が広がるように出ます。ただしアンプで歪ませ過ぎてしまうとハウリングが起こってしまうので注意です。

他のエレキギターよりも豊かな音を出せるので、そういった音を出したいと考えるのであればこのフルアコースティック・ギターがおすすめでしょう。

セミアコースティック・ギター

このセミアコースティック・ギターというものは先ほどご紹介した2種類の良いとこどりのような性能をしています。中が空洞になっていて豊かな音を出せて、それでいてハウリングを起こしにくいです。

ハウリングがしにくいため少し歪んだ音を出せるので、そういった音を出してみたい人におすすめのエレキギターです。


スポンサードリンク

初心者でも弾ける曲とは

初心者はまずとにかくエレキギターに慣れることが大事です。難しいテクニックや、コードなどの知識はいきなり全部覚えられるものではありません。簡単な曲を楽しんで、それから少しずつ覚えていくようにしましょう。

それではエレキギターの初心者はどんな曲が良いでしょうか。私のおすすめはスピッツの『チェリー』です。

チェリーはFmaj7やCadd9というコードを使うのですが、これはちょっと練習すればできるようになります。そのためまずはスピッツのチェリーを弾けるように頑張ってみましょう。

まとめ

エレキギターにはおおまかに3種類のものがあります。特に何かこだわりがなければソリッドギターを購入してみましょう。

エレキギターに触れているうちに出来ることが増えてくるので、もしも今持っているエレキギターでは出来ないことが見つかったら新しい種類のものを購入してみましょう。

そして難しいことを覚えるよりまずはエレキギターを弾くことを楽しみましょう。楽しめないものを上達することなんてできないので、まずは簡単な曲を弾けるようになってエレキギターの楽しさを知っていただけたらと思います。



スポンサードリンク