DIYを100均のもので!?棚作りをしよう!

ホームセンターで材料を揃えないとDIYなんてなかなか出来ないと思っていたら、最近は100均グッズでDIYする方が増え、色々なところで紹介されていますね。これが100均グッズで出来ているの?!と驚かされる作品もあります。

100均ショップで売っているもので棚を作ろうと思ったらどんな物を購入するのが良いのでしょうか。

また、100均グッズで棚を作った場合の耐久性は?どんな事に気を付けたらいいのでしょうか。そしてせっかく100均グッズで作ろうと思ったのに、あれもこれもと買い込んだら実はホームセンターで揃えた方がリーズナブルだった!ということにならないように、100均グッズで棚を作る時の注意点やコツをご紹介したいと思います。


スポンサードリンク

棚作りで使うもの

棚といっても飾り棚や靴などの軽い物を置く用の棚なのか、本などの重たい物にも耐えられる棚を作りたいのかでその材料は変わってきます。

しかしいずれにしても100均グッズお得意の結束バンドと突っ張り棒で「棚」を作ろうとすると強度に劣り、いずれ作り直さなければならなくなってしまうので、基礎の素材は木材など、素手でぐにゃっと曲げられない物や素手でその素材を壊せない物を選ぶようにして下さい。

強度を上げる為にはその物にかかる力を均等に分散させるといいですね。例えば本棚など強度を必要とする棚を作りたい場合は側面を立てて横板を置いておく作りにしてしまうと強度が下がってしまうので、100均グッズでは難しくなります。

一段目を土台の上に横板を置き固定した後、一段目の倍の高さの側面になる素材を一段目の側面に固定した後、二段目になる横板を置くように作っていくように図面をひくと、強度が高くなり、100均グッズでも十分な強度が得られます。一段目から全ての素材を木材にすると統一感がありますが、一段目をレンガにするのもオシャレですね。その場合は側面の「固定」が難しいので「ずらす」という方法を使います。

横板の端にレンガを置くのではなく、少し内側にレンガを置くようにし、その真上に2段目のレンガを置いて、横板をその上におきます。接着剤があればレンガと横板はくっつけた方がいいですね。それぞれ横板の上から体重をかけたときにぐらぐらしないように土台の位置を工夫するのがポイントです。


スポンサードリンク

デコレーションも100均で!?

棚の見栄えや印象を変える為のグッズも100均で揃える事が出来ますのでご紹介しますね。

デコレーションアイテムでおすすめなのが蓋つきのアクセサリーボックスです。大きなものでは無いので、これをレンガのように並べます。そして一つずつは隙間を開けて置くことでオシャレ感がUP。蓋の部分が透明になっているものの場合は中身がわざと見えるように中身にお気に入りの置物を置いたり、飛行機などの模型を置くとオシャレですね。

100均ショップにもシールタイプになっている木目調のシートがあるので材質の異なる素材で棚を作っても後からデコレーションする事もできますよ。タイルのシートを使ってもオシャレですね。

まとめ

ホームセンターで購入したものでDIYするか100均ショップのものでDIYするかはその出来上がりに対して求める強度であったり、素材感を基準に選択するといいですね。100均ショップの物は例えばコーティングが剥がれやすかったり、粘着力が弱い為に外れやすかったりします。100均ショップの物でDIYするなら、ほとんど動かさない物、剥がれてもその都度イメージが変えられると前向きに取り組める物がいいですね。

また、脳内にある「出来上りのイメージ」を持って100均ショップに行ってみると全く異なる素材に出会い、持ってきたイメージとは異なるものの、面白い物が出来上がる場合があります。100均ショップのいいところは何といっても「安さ」です。どんどん冒険したDIYを楽しんで下さいね。



スポンサードリンク