告別式での香典。沖縄県での相場とは


生きていると故人を見送る儀式となる、告別式に参加することがありますよね。告別式は悲しいものですが、故人のことを想っていたのであれば、しっかりと参加しなければなりません。

そんな告別式では香典が必要になりますよね。その香典ですが、沖縄県だと相場が違うのをご存知でしょうか?沖縄県に引っ越してきた方が陥りがちなのですが、沖縄県での相場を知らなかったために、戸惑ってしまうことがあるようです。

しかし、他の人に相場をたずねるのも恥ずかしいし、なにか失礼な気がしてなかなか聞くことができませんよね。

そこでこれからそんな方のために、沖縄県での香典の相場などを詳しくご紹介させていただきたいと思います。


スポンサードリンク

香典の金額と目安


まず沖縄県での香典の相場は、他県より低い傾向があります。これは沖縄県では多くのお金を包んでしまうと、「不幸が重なる」と考えられているからです。

これは沖縄県全体の風習で、さらに地域によっては自治会などで香典の金額を決めていることがあります。そのためできることなら周囲の人に確認するのが無難です。

しかし、そうは言ってもあまり人には聞きたくないと思う人はいらっしゃるでしょう。そこで香典の相場を調べてみました。

沖縄県での香典の相場は、知人や友人だと千円~三千円となります。続いて二親等となる祖父母や兄弟の場合だとお通夜や葬儀で五千円~一万円となり、四十九日は三千円~一万円となり合計二万円以上です。

三親等となる叔父叔母や姪甥となると、お通夜や葬儀四十九日など全て三千円から一万円となり合計で二万円以下となるようにします。

やはり親族となると少し高めな金額となりますね。しかし、全国的に見るとそれでも相場は低いものとなるので、沖縄県に引っ越した方は気を付けるようにしましょう。


スポンサードリンク

告別式のマナー


香典の相場もそうですが、マナーも知らないと恥をかくうえに、相手の親族に失礼だと捉えられてしまう恐れがあります。そのためこれから告別式のマナーをご紹介するので、覚えておきましょう。

参列者としてのマナーとしては、まず服装のマナーがあります。これは正式礼装より格下の、準礼装や略礼装の装いしましょう。

具体的には、男性はブラックスーツでワイシャツは白地に、ネクタイは黒の結び下げにしてタイピンはつけません。

女性は黒のシンプルなアンサンブルかスーツにし、バッグは布製か光沢のない革製のもので、アクセサリーも真珠の一連タイプのものにしましょう。

そして仏式の葬儀に参列する場合は、数珠が必要になります。葬儀中は左手にかけるようにし、歩くときは房を下にして左手で持つようにしましょう。また、焼香の際に合掌しますが、その際は親指と人さし指の間に数珠をかけるようにします。

また、告別式に急な用事などで参加できない場合があるかと思います。そのときは速やかに欠席する旨と理由を書いたお悔やみの手紙を出しましょう。

理由は長々と書く方が失礼にあたるので、「やむを得ない事情のため参列できません」とこの程度で構いません。

告別式のマナーはあらかじめ調べておかないとわからないことだらけなので、これから告別式に参加することがあるのであれば、上記のことを参考にしてみてください。

まとめ

沖縄県での香典の相場は全国的に見るととても低いのが特徴です。他県から引っ越してきて、なにも知らずに香典を出すと失敗する恐れがあるので、できれば自分の周囲の人に確認しておきましょう。

また、告別式でのマナーは覚えておきましょう。いい加減に参加しては相手の親族に失礼なため、とても不快な思いをさせてしまうからです。あらかじめきちんと調べてから参加するようにしてください。



スポンサードリンク