面接で短所を聞かれたら?緊張しやすい人におすすめの答え方


就職活動中の面接で聞かれる機会も多い、短所の質問。就職活動をしている側からすれば、自分の弱みはなるべく知られたくないですし、対策を考えるだけでも嫌な内容でもありますが、避けては通れない道です。

今回は、面接で短所について聞かれた時の答え方についてご紹介していきます。


スポンサードリンク

短所を聞かれたら?その答え方とは


面接で短所を聞かれたときに一番気をつけたいのが、“短所を短所のままで終わらせないこと”です。

また、面接で短所の質問をする理由には、“適性を見る”という意図があります。例えば、営業職の面接で「人と話すのが苦手です」という短所を答えれば、採用される可能性は低くなるかもしれません。

それは、人と話すのが苦手な人が営業の仕事につけば、会社にとってこの人を雇って売り上げが伸ばせるだろうか?と心配になるからです。また、なにより本人にとっても仕事がつらくなってしまう可能性が高くなってしまうからです。

「短所はありません」と答える人もいるようですが、そんなふうに隠す必要はありません。人の性格には人それぞれありますから、短所という聞き方はするものの、適性を見ているだけなので、そこまで固くならずにいて良いと思います。

ただし、受けようとする仕事の適正から明らかに外れてしまうような短所を言うのは避けた方がいいでしょう。

では、具体的にどんな答え方をすればいいのか見ていきます。


スポンサードリンク

あがり症でもうまくアピールする方法


面接で短所を聞かれたときには、

①自分の短所の説明
②こういうときに出て、こんなふうに困る
③こういうふうにして対策している

という順で話すようにしましょう。

また、悪い印象になりにくい短所としては、

・緊張しやすい
・あがり症
・心配性

です。

私が就職活動で面接を受けたときにも、面接官の反応は良かったです。

「心配性は、良いことだよ。」
「緊張感はあった方がいいからね。」

など、短所を言って褒められている人もいましたね。

これだと、面接中緊張していても、それが短所と言ってしまえばなんだか気持ちが楽になりますね。もちろん企業によってはわざときつい態度を取って反応を見るところもあるので、一概には言えませんが…そんなときは、「この人は仕方なく演技をしているんだ…」と考えると責められている気持ちにもなりにくいかと思います。

短所を聞かれた時の受け答え例文

自分の短所は、緊張しやすいところです。

以前、部活の試合の当日に緊張してしまい、自分の力を上手く発揮できず悔しい思いをしたことがあります。

そんなとき、緊張は自信のなさからくるのではないかと考え、日ごろの練習に時間をかけることで自信に繋げていきました。

いまでも緊張してしまうことは多く、実は今も緊張しているのですが、今日のために時間をかけて準備をしてきました。自分の短所も含め、自分のことを上手く伝えられるように頑張ります。

こんな感じで、短所と向き合うことが大事になります。

まとめ

以上、面接で短所を聞かれた時の受け答え方についてご紹介しました。

短所は知らないと改善していけません。短所があってもそこでへこたれずに、どうすれば良くなるのか、短所と向き合って対処法を考えていくことが社会人になってからも大事になります。

短所について考えるのはつらい時間になるかもしれませんが、面接でよく聞かれる内容ですので、頑張って時間をかけてみてください

みなさんの就活が上手くいきますように!応援しています。



スポンサードリンク