お歳暮は喪中でも会社に送るべきなのか!?


社会人として欠かせないのがお歳暮を送るというマナー。個人だけではなく、お世話になっている会社にも送ったりもします。

そんな時悩むのが、会社が喪中の時。お歳暮は喪中でも会社に送るべきなのか?


スポンサードリンク

まずそもそも、会社にも喪中があるの?


社会にでたり、会社に勤務したりすると、たくさんのマナーや決まりがありますよね。お歳暮などの贈り物もその一つで、色々と悩むところでもあります。

常識として、お世話になった人にお歳暮を送るのはマナーでもあります。特に、会社でお世話になっていたりすると、今後の経営にも関わることになりますので、お歳暮は欠かさせません。

そんなお歳暮を送る際に、年賀状みたいに喪中があり送ってはいけない事とかある?と気になったことがあるのではないでしょうか?また、そもそも、会社に喪中ってあるのでしょうか?

気になる所ですが、基本的に会社に喪中はありません。喪中とは、亡くなった方を偲ぶために、近親者が身を慎む期間です。そのため、家族がなくなった方は年賀状を出さず、新年の挨拶を控えます。

その年に家族が亡くなった方は喪中というのは、正確にはいつ決まったのかも気になる所ですが、そのようなルールがありますよね。

ですので、会社の代表の方とか経営者が亡くなっても、その家族が喪中なだけであって、会社自体は喪中ではないようです。しかし、中には家族経営の企業や、社員の多くが家族で構成されている企業もあるでしょう。そのような会社には、喪中扱いをする場合もあります。家族ぐるみの付き合いをしていたりすると、ビジネスとプライベートの境も曖昧ですもんね。

基本的には、お歳暮は感謝の気持ちを伝えるものですので、喪中であっても送ることができます。ただし、喪中は、お祝い事は禁止と覚えておきましょう。


スポンサードリンク

喪中時の贈物のマナーはあるの?


お歳暮は喪中でも送って良いとしても、送ってはいけないものとかマナーはあるの?という疑問も出てきますね!

お歳暮を送る際の水引ですが、喪中の際は慶事用の紅白の水引はNGとされています。白無地の奉書紙か無地の短冊にお歳暮の文字で送りましょう!

また、亡くなって間もない場合、贈り物は避けられます。基本的に四十九日以内の場合は、お歳暮を含め贈り物をしない事がマナーとなっていますので、お歳暮も四十九日以降に届くようにしましょう!正月をまたいでしまった場合でしたら、お歳暮でなく寒中見舞いとして送ることが可能です。
 
意外と忘れがちな水引のルールがあると分かりましたね。また、贈り物をしてはいけない期間もあるようです。なんとなく分かってはいても、はっきりとしたルールは知らなかった方も多いのではないでしょうか?ちょっとした、気づかいが常識やマナーにもつながりますね!

まとめ

欠かせないマナーのひとつのお歳暮。喪中の時でも送って良いと分かりました!

ただ、四十九日以内では贈り物は全てNG。それ以降に届くようにしなくてはいけないのがマナーです。また、送る際の水引に紅白の物はNGです。無地のものや、無地の短冊を使いしましょう。

そして、会社に喪中があるかどうか気になっていた方もいるかと思いますが、基本的に会社に喪中はありません。ただ、家族で経営していたり、社員のほとんどが家族だったりすると、年賀状は送らないこともあるようなので、臨機応変に対応しましょう!



スポンサードリンク