親になったら気になる、産休と育休って何が違うの??


子供が生まれ、家族が増えての生活!幸せいっぱいのドキドキなスタートですが、色々な面で不安も多いのではないでしょうか?ちゃんと子育てできるのか、金銭面は大丈夫なのかなど、不安はつきません。

親になるという事は、不安もわくわくもいっぱいかと思います。子供が生まれると生活も一変!そんな中気になるのが子育てに伴う休みについて、産休と育休って何が違うの?


スポンサードリンク

産休と育休の違いとは何?


特に、会社勤めの方は、子供が生まれるに伴って、産休や育休を取らなくてはいけないし大変です。そんな、新米お母さんお父さんの疑問、産休と育休の違いとはなんでしょうか?

産休とはその名の通り、子供を産むためのお休みです。子供を産む前と産後のお休みを合わせて産休と言います。働く女性が子供を産む為、また生んだ後に体力を休ませる為に取れる休みの事です。子供を産むという事が前提なので、女性のみが取ることができます。

産前は6週間前からとることができ、産後は出産翌日から8週間となっています。産前は希望しなければ休まず働くことも可能です。確かに、海外なんかですと、産む直前まで働いているなんて当たり前のところも多いですよね。

ですが、産後の8週間は働くことができないと決められています。それ程、出産には体力も精神的な苦痛も伴うものです。ただし、産後6週間後以降であれば、どうしても働きたい場合は医師に認められると働くことも可能となっています。

次に育休ですが、育児休業制度のことを言います。会社に勤めている人が、1歳未満の子供を養育する為にとれる休みの事です。

しかし、最近は仕事に復帰したくても保育園に入れなくてという話も多くありますよね。そんな場合などは、子供が最長1歳6か月になるまで育休を取ることができます。育休は1か月前までに会社に言う必要がありますので、事前にプランを立てておく必要がありますね。

育休は男性でも取ることが可能です。最近では、働くママに代わって育休を取る男性も増えていますね。確かに、共働きの家庭が多くなる中、育児も女性だけとなると厳しい面があります。

専業主婦ならまだしも、女性だけが育休を取って子育てをしなければいけないなんて、おかしいと感じる方も多いのではないでしょうか?今の世の中、子育ても夫婦協力して平等に行うべきだと思います!ですが、まだまだ男性が育休を取るのは白い目で見られたりと、厳しいのが現実の様です。


スポンサードリンク

重要な収入は?産休と育休、休暇中の給料の差はあるの?


産休と育休の違いをお話ししましたが、給料には差があるのでしょうか?やっぱり、生活する上で大切なのが収入面です。産休や育休を取って働けない間の収入が気になるところですが、給料に差はあるのでしょうか?

育休中の給付金は雇用保険から2か月に1回、2か月分まとめて支給されます。最初の半年は、賃金の67%、それ以降は50%となっています。

一方、産休中には出産手当金というものが、健康保険組合から1回のみ支給されます。休暇1日につき、給与を日割りにした分の約3分の2が支給されます。出産手当は、産後3か月ほど後に振り込まれることが多いです。

このように、育休と産休は支払い元も支払われる方法も違うと分かりました!育休の納付金も2か月に1回ですし、出産手当も産後しばらくたってからです。休暇中の生活費は事前にためて、貯金から出す方が良さそうです。後からお金が戻ってくる、といった感覚でいましょう。

まとめ

子供が生まれるという事は、生活も一変するという事。特に、働くママは産休を取らなくてはいけなかったり、育休をとったりと、仕事との両立って大変ですよね。育休は男性でも取ることができますが、まだまだ現実は取りにくいようです。

また、産休に伴って出産手当の収入があったり、育休に伴って納付金があったりもします。この2つには支払元も方法も違うので、事前にしっかりと確認しておく必要がありますね。新しい生活をよりよくする為に、いろいろと考えておきましょう!



スポンサードリンク