解雇された…。相談しましょう、ハローワークに

働きたい気持ちがあるにも関わらず、解雇されたあなた。家族、友人、会社の同僚、だれに相談すればいいのか、分からない…。

気持ちが焦って、すぐ求人サイトを探し回ってしまう、その前に!「ハローワーク」へ、行ってみましょう!


スポンサードリンク

ハローワークの実情

正式名称は「公共職業安定所」、その愛称(あだ名)が「ハローワーク」です。

ハローワークは、全国に約550ヶ所あるため、あなたのお住まいの近くにもある可能性が高いです。どの場所にあるハローワークへ行くかは、もちろん自由に選べます。通いやすい場所がいいでしょう。一度行ってみたが雰囲気が合わなかった、という場合は、違う場所へ行き直すもできます。

そんなハローワークが主に行っていることは、「仕事のない人」と「働き手を探している企業」を出会わせることです。国が運営しているので、わたしたち民間人は無料で、たとえば下記のように利用することができます。

・仕事に関わること全ての相談
・条件に合った仕事を紹介してほしい
・自分の持つ社会的な“強み”を教えてほしい
・転職活動の何もかもが分からないから、教えてほしい
・失業して、お金に困っている
・転職活動中、無収入になってしまうことへの相談

ここまでお読みいただき、お分かりになったと思います。なぜ、解雇されたらハローワークへ行くべきなのか。それは、「解雇された人」へのサポートが、非常に充実しているからです。


スポンサードリンク

相談してください

会社などから解雇されたら、ハローワークへ相談に行きましょう。「何を相談すればいいのか分からない」という方も、多いかもしれません。それでも、大丈夫です。

そういった混乱を抱える人のために、ハローワークは存在しています。

・解雇されたことでお金に困っているが、今後の生活がどうなるか分からず不安
・今後、何をすればいいのか分からない
・再就職するにはどうすればいいのか分からない
・とにかく急いで再就職したい

どんな相談でも、まずは話してみることが第一歩です。プロである彼らを、ぜひ頼ってみてください。

特に「転職したいが、そのあいだ収入が無くなるのは困る」という方。養っていかなくてはならない家族の存在、家のローン等の返済、生活していくための基本的な資金…今後のお金のことを考えるだけで、胸がザワザワしてくる…。

これまで働くことで、もらえていた収入が、解雇によって突然断ち切られたのです。当然、お金の管理に頭を悩ませる人がほとんどです。

必ず、ハローワークで相談しましょう。一定の条件をクリアすれば、国から現金の手当てを受けられます(失業手当)。未来の仕事を見つける前に、落ち着いて仕事探しができる環境を得ることができます。

そして、この手当は「もらう権利があっても、ハローワークへ行かなければ一生もらえない」ものなので、必ず一度は確認してみるといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ハローワークは、解雇されたあなたの強い味方です。

解雇のこと、転職の事、お金のこと…インターネットで何でも調べられる時代ですが、まずはお近くのハローワークへ足を運んでみてください。そこで出会える方々から、今のあなたの状況にピッタリ合うアドバイスをしてもらうことで、未来を切り開くことができるかもしれません。

ハローワークへ行かなければ受けられない手当もあります。しかし、タイミングを逃すと、受け取れなくなる可能性も。今のあなたが、国からどんな助けを受けられるのか。ぜひ、確認しに行きましょう。



スポンサードリンク